海外在住なら、今こそNHKラジオ英語講座!

NHKラジオ英語講座の効果的な学習法:上級編

いさお
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いさお
英語と日本語の通訳翻訳者。TOEIC960点、英検1級。2016年から日本とサウジアラビアを行き来し合計18ヶ国300人以上を通訳。英語使用歴はカナダ留学4年半、バングラデシュ駐在6年を含め22年。英語で苦労する海外在住者、駐在員、出張者を見るに付け、今すぐいちからでも英語をやり直せるコスパ最強の学習方法、NHKラジオ英語講座をお伝えしたい衝動が高まり、本サイトを作成!カープが勝った日に旨いビールを飲むと、悦び悶える45歳。
詳しいプロフィールはこちら

先の記事では、NHKラジオ英語講座を使った効果的な学習方法の基礎編として、繰り返しの重要性をお話しました。

でも、
「繰り返し学習はしっかり実践できているよ」と自負のあるあなた。
「今回ばかりは英語を話せるようになりたいよ」と本気なあなた。

是非、このページでお伝えする上級編のトレーニング、シャドーイングもぜひ取り入れてください。

これはガチで効きます!

英語で生計を立てる通訳者も、このシャドーイングで英語力を伸ばすという、効果絶大な勉強方法です。

 

シャドーイングとは

シャドーイングの具体的なやり方ですが、音声が聞こえてきたら数単語遅れで、聞こえてきた言葉を聞こえてきた調子のままに、あなたもコピーして喋っていく、というものです。

文字で表すと例えば、

音声:  I am a Japanese. I live in Japan.
あなた:               I am a Japanese. I live in Japan.

といった感じです。
イメージが掴めますでしょうか?

後ろから影(シャドー)のように付いていく・・・という有様が正にシャドーイングで、その名の通りなのです。

 

何をシャドーイングする?

NHKラジオ英語講座を使った学習でシャドーイングをする場合、ワタシが強くオススメするのは、ほとんどのコースで毎回出てくる会話パートです。

ただ、その日のレッスンを、初めて聴く時からいきなりシャドーイングを・・・というのは、最初はキツいと思います。

レッスンの始めは先ず、先の基礎編でお伝えしたように、テキストを見ながら繰り返し聴いたり話したりして、綴りと音のギャップを解消してください。

 

そこまでできたら、レッスンの会話パートの仕上げとして、シャドーイングに取り組んでください。

先ずは、肩慣らしで、テキストを見ながらのシャドーイング。
その後は、テキストを見ずに耳だけを頼りにシャドーイング。

「あれれ?テキスト見なくてもちゃんと聴けてたのにな」
「さっきはちゃんと音声に合わせて話せてたのに、ん??」

実際にやってみると、さっきまでは感じなかった違和感があるかもしれません。

でも、安心してください!

何せシャドーイングを初めてやると、これまでの人生になかった類の負荷が頭にかかりますからね。
しかし数をこなして慣れると、ちゃんとできてしまうことです。
ですから、挫けずに頭出し再生機能を使って、もう一回やってみましょう。

 

どうしてシャドーイングをするの?

会話文を使って、音声に合わせて喋るトレーニングを先にやっているのに、その上どうしてシャドーイングをやるのでしょうか?

それは、シャドーイングをするとその音声が自分のものになるからです。

 

シャドーイングとして、僅か数単語でも音声に遅れて話すためには、集中して聴いて、音声を頭に残せている必要があります。

そして、数語遅れで話すときには、淀みなくスムーズに真似して話す必要があります。
なぜなら、記憶を呼び起こしたり、発音やリズムに気を付けたりしながら話すと、音声に追い付けなくなるからです。

つまり、音声を集中して聴きつつ口を滑らかに動かす、シャドーイングができるということは、

・耳に入る内容を理解できて、
・言葉を頭に定着できて、
・音声に倣って滑らかに話せる

ということなのです。
つまり、流れる音声を本当に自分のものとすることができた!という状態です。

NHKラジオの英語講座の会話文は非常に優れています。
単語も、言い回しも、非常にスタンダードです。

「こんな言い方、誰もしないでしょ!」といった奇抜なものがなく、総じて実用性の高い英文です。

 

英語の反射神経

もちろん一旦シャドーイングができたからといって、全文を未来永劫記憶できる訳ではありません(←できたらコワい!)。

それでも、日々英文に接して、その都度シャドーイングができる程にまで消化して、自分の中に取り込むと、着実に英語の反射神経が身体の中にできていく、とワタシは考えます。

シャドーイングしたことのある言葉や表現を一度で聴き取れることが増えます。
また、単語の並べ方や選び方の感覚が養われるため、番組と全く同じ場面や文でなくても応用が効きます。

「いつかやったあの表現は、この局面ではこう使えるな」
「この言い回しをすると、何だか違和感がある」

という英語の感覚も育ってきます。
それは丁度、”最初はポツポツと分散していた英語の神経細胞たちが、ラジオ講座の学習を重ねるうちに次第に結びついていく”というイメージです。

 

 

* * * * *

 

 

NHKラジオ講座を使ってシャドーイングをしていくと、ここまで英語力を身に付けることができるだなんて、どこまでコスパに優れているのでしょうか。

せっかく一念発起して学習を始めるからには、できるだけ早いところ英語がもっとできるよう目指してください!
そのためにも、ぜひNHKラジオ英語講座を徹底的に使い尽くして、シャドーイングまでできると近道ですよ。

 

さて、次のページでは具体例として、基礎英語1を使った学習例を見ていきましょう。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いさお
英語と日本語の通訳翻訳者。TOEIC960点、英検1級。2016年から日本とサウジアラビアを行き来し合計18ヶ国300人以上を通訳。英語使用歴はカナダ留学4年半、バングラデシュ駐在6年を含め22年。英語で苦労する海外在住者、駐在員、出張者を見るに付け、今すぐいちからでも英語をやり直せるコスパ最強の学習方法、NHKラジオ英語講座をお伝えしたい衝動が高まり、本サイトを作成!カープが勝った日に旨いビールを飲むと、悦び悶える45歳。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。