海外在住なら、今こそNHKラジオ英語講座!

NHKラジオ英語講座の各コース紹介【2020年度版】

いさお
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いさお
英語と日本語の通訳翻訳者。TOEIC960点、英検1級。2016年から日本とサウジアラビアを行き来し合計18ヶ国300人以上を通訳。英語使用歴はカナダ留学4年半、バングラデシュ駐在6年を含め22年。英語で苦労する海外在住者、駐在員、出張者を見るに付け、今すぐいちからでも英語をやり直せるコスパ最強の学習方法、NHKラジオ英語講座をお伝えしたい衝動が高まり、本サイトを作成!カープが勝った日に旨いビールを飲むと、悦び悶える45歳。
詳しいプロフィールはこちら

2020年4月から、NHKラジオ講座の新年度が始まりました。
今年度は全部で10の言語について講座が開かれています。
その中でも英語は最も多くのコースに分かれていて、その数は以下の通り13にも及びます。

1. 基礎英語0
2. 基礎英語1
3. 基礎英語2
4. 基礎英語3
5. ラジオ英会話
6. エンジョイ・シンプル・イングリッシュ
7. 英会話タイムトライアル
8. 高校生からはじめる「現代英語」
9. 遠山顕の英会話楽習
10. 入門ビジネス英語
11. 実践ビジネス英語
12. ボキャブライダー
13.世界へ発信!ニュースで英語術

 

でも、ぶっちゃけこんなにあると、それぞれの講座が他とどう違うのかよく判りませんよね。

そこでこのページでは、あなたが講座を選ぶ参考にもしてもらえるよう、各英語講座を端的にご紹介します。

 

1.基礎英語0

小学生向けに、2年前に開設されたばかりの新しい講座。
1回10分、週3回(NHKのサイトはこちら)。

リスナーからの電話相談、4コマ漫画を見ながらのリスニングやクイズなど、英語への苦手意識があっても取っつきやすい内容。
ただ、大人の達成感としてはちょっと物足りないかも!?

こんな方にオススメ

英語が毛嫌いで仕方ない方。
入り口のハードルを最大限に低くして、先ずは英語アレルギーの克服に向けた一歩目をゆるく踏み出したい方。

 

2.基礎英語1

中学1年レベルの英語。
1回15分、週5回(NHKのサイトはこちら)。

ポイントは、会話文での登場人物のセリフ。
短くてシンプルで初心者にも取っつきやすい。
しかも、そのまま日常使いできる表現や文が満載。
繰り返し聴いて、口に出して、自分のものにできれば会話力の飛躍が期待。

金曜は月曜から木曜のレッスンの復習に加え、発音や強弱など発声についてひとつ習えるのも重宝。

こんな方にオススメ

普段会話で相手が何を言っているのか、ほとんど分からない方
せっかく海外に居るので、少しは英語もできるようになりたい方
英語が苦手だけれど、海外に居る機会に学び直したい方

 

3.基礎英語2

中学2年レベルの英語。
1回15分、週5回(NHKのサイトはこちら)。

基礎英語1の会話文と比べると、一文が長くなったり、一回の発言で二文話したりするなど、話す量がアップ。
文法の説明も、より”学び”な雰囲気が増し、基礎英語1よりステージアップ感満点。

月曜から木曜は新しいレッスンで、金曜はそれらの復習、という形態は基礎英語1と同じ。

こんな方にオススメ

英語を聞き取ったり話したりできるようになりたいけれど、基礎英語1だとテキストを見ずに聞いても理解できて物足りない方

 

4.基礎英語3

中学3年レベルの英語。
1回15分、週5回(NHKのサイトはこちら)。

会話は長くなり、スピードも標準に近く、口語表現もサラリと登場。
一気にリアルな会話感がアップ!

基礎英語3の英語が十分理解できて、口からも出てくるようになれば、"英語ができる人”との自己評価を堂々と!

特徴は木曜日のレッスンで、リーディング力とライティング力のトレーニング。
いつもの会話分より長い英文を読んで要点となる情報を箇条書きするほか、重要表現を用いて一,二文の英訳、和訳も。

こんな方にオススメ

質問に答えたり、言いたいことを伝えたりといったことはできるけれど、会話のキャッチボールまでできるようになりたい方

 

5.ラジオ英会話

高校から社会人までを広く対象とした講座。
1回15分、週5回(NHKのサイトはこちら)。

スピードも基礎英語3同様、もはやノーマルに近いものに。

特徴は充実した文法解説。
テキスト冒頭の英文法ガイダンスも含め詳しい!
但し、考え方や用語が講師独特で、これまである程度学んだ人は、「ん?」と面食らうかも。
でも、これを機に文法に本腰を入れようと意欲的な人はすんなり頭に入りやすいのでは。

金曜日は、やはりその週のレッスンの復習日。
更に、その都度設定される場面状況に応じて、重要表現を使いながら問いに回答する、応用問題もあり。

こんな方にオススメ

言葉を繋いで会話はできるけれど、改めて文法を理解して、正しい英語を自信をもって話せるようになりたい方

 

6.エンジョイ・シンプル・イングリッシュ

毎回約500語、約5分、英文をじっくり聞くことに特化した講座。
1回5分、週5回(NHKのサイトはこちら)。

もうひとつの特徴は、英文に登場する語句の解説や文法上の説明等が一切ないこと!
でも、「英語が聴き取れる!」な喜びを感じることを講座の狙いに据えている通り、単語も文法も中高の基礎レベル。
英語独特の音やリズムに慣れていれば、聴きとりに高度な難しさは感じない筈。

なお英文の内容は、曜日毎に決められているテーマに沿っていて、基本的に各回完結の話(金曜日は、4月は1ヶ月かけて「走れメロス」)。

こんな方にオススメ

英語のリスニング力を磨きたい方。
会議などで長い時間英語を聞いても頭がパンクしない集中力を養いたい方。

 

7.英会話タイムトライアル

会話で求められる、言いたいことがパッと口を突いて出る"瞬発力"を養うための講座。
1回10分、週5回(NHKのサイトはこちら)。

短い一言を日本語で聞いて、それを即座に英語で答える・・・を10問やるのがレッスンの柱。
言葉自体は総じて短く平易な単語ばかり。

会話の肝は、英語知識の多さや高度さに非ず。
それより、既に持つ知識をいかに直ぐに言葉に出せるか。
いかに直訳に拘らず、自然で判りやすい表現に変換できるか。
そのための英語の反射神経を養う好番組。
「英語を話せるようになるためには、日本語を見て英語を即座に言う練習を重ねましょう」とは講師の弁。

こんな方にオススメ

「英語ができない訳ではないけれど、言いたいことが喉まで出かかっているのにうまく言葉が出てこない・・・」というもどかしさに悩む方

 

8.高校生からはじめる「現代英語」

講座名の「現代英語」とは、”英語ニュースを素材にして、今、世界で使われる英語の習得”という講座の狙いに由来。
1回15分、週2回(NHKのサイトはこちら)。

講座で使う内容は、NHKの英語ニュースを難易度を落として書き直したもの。
元ネタがニュースのため、情報が詰まった長文。
毎週ひとつのニュースを取り上げ、2回のレッスンで学習完了。

音声は決して速くはないものの、流れるような英文を長く聞く集中力の養成にも。
読み上げられる英語音声については、テキストで詳細な解説あり。

このほか、本文で出た表現や本文そのものを使って、日本語から英語に訳す訓練もあり。

こんな方にオススメ

英会話力よりは、ニュースをも聴けるリスニング力、また英訳作業を通じたライティング力をより磨きたい方

 

9.遠山顕の英会話楽習

「あー、ネイティブ(並みの外国人)との会話って、ホントこんな感じー!」
という言い回しの語句や表現がビシバシ出てくるコース。
1回15分、週3回(NHKのサイトはこちら)。

但し、こちらがそうした表現を使っても、相手がネイティブ(並みの外国人)でないと伝わらないかも・・・。

加えて、発音のコツを教えるSay Itのコーナーもまた実用度高し!

なお、講座名で気になる「楽習」の読み方は「がくしゅう」。
また数あるNHKラジオ講座の中で、本講座は唯一講師の名前が付された番組。なぜ??

こんな方にオススメ

ネイティブ(並みの外国人)との会話が多い方。
ネイティブ(並みの外国人)が会話で使うくだけた表現を身に付けて、映画やドラマのように会話をしたい方。
英語のドラマや映画の会話をもっと聞き取れるようになりたい方。

 

10.入門ビジネス英語

ビジネスシーンで遭遇する場面、出てくる話題、使われる表現を学習。
1回15分、週2回(NHKのサイトはこちら)。

会話の本文以外も、仕事上英語を使う人には有益な内容ばかり。
例)
実際のビジネス会話で役に立つ話し方・話す内容のコツを教えてくれるコーナー
カタカナで日本語になっているビジネス用語の解説コーナー(テキストの記載のみ。音声では扱わず)

会話文は長い。速度はナチュラルスピード(=ワタシたち日本人にとっては”高速”)。

なお、ビジネス上英語での受け答えが必要な方であっても、英語初心者であれば基礎英語シリーズから始めるのが吉。

こんな方にオススメ

質問への受け答え、相手への意思の伝達はこなせているが、ビジネス上恥ずかしくない言い回しや表現を身に付けたい方

 

11.実践ビジネス英語

既に英語を使いこなせている英語上級者向け。
1回15分、週3回(NHKのサイトはこちら)。

会話はナチュラルスピードで展開。
一回あたりの発言が長く、会話全体も長い。

ビジネス上の言い回しや表現は、「入門ビジネス英語」と異なり特に学ぶ内容には含まれておらず。

本講座の会話で扱う話題は、現代アメリカ社会の一端が垣間見られる文化的社会的トピック。
講座で学んだことを生かせば、慣用表現も使いながら欧米のネイティブとこうした教養あるテーマで会話に臨むこともでき、まさに実践的なビジネス英語講座、か。

こんな方にオススメ

英語力自体は現状でも差し支えはないが、
1. 常に英語に触れて英語力を維持したい方
2. 現代アメリカの文化的社会的事情を知りたい方
3. ネイティブが使う慣用表現を学びたい方

 

12.ボキャブライダー

単語力強化に特化した番組。
1回5分、週5回(NHKのサイトはこちら)。

進行役の軽妙なノリに合わせて、毎回ひとつのテーマの元、関連ある4つの単語について例文と共に学習。

テキストは紙面版、電子版共に無し。
しかし決して難解な単語ではないので、耳で聴くだけでもついていける講座内容。

音声は、ダウンロード版もCDもなし。
NHKのAMラジオ放送を聴取できる日本国内在住であることが必要。

こんな方にオススメ

基礎的な単語を毎日コツコツ覚えて、語彙力を無理なく増やしたい日本在住者

 

13.世界へ発信!ニュースで英語術

毎回1本のニュースを取り上げて、短く区切りながら聞き取りと和訳説明。
1回5分、週5回(NHKのサイトはこちら)。

テキストは、紙面版、電子版共に無いが、NHKのサイトにニュースの台本を英語原文と和訳文で掲載。
但し、単語や表現の解説は無く、番組HPが謳う「各ニュースの詳しい内容は、このウェブサイトで徹底解説しています!」は未達成・・・。

音声は、ダウンロード版もCDも聴き逃し放送も無し。
そのためNHKのAMラジオ放送を聴取できる日本国内在住であることが聴取条件。

話すスピードも速いが、番組自体が5分と短いこともあり、和訳・解説も速い。
慌ただしく嵐のような5分間。

こんな方にオススメ

既に持っている高い英語力を維持するために、短時間でも英語に触れる機会を持ちたい日本在住者

 

上記のうち、「12. ボキャブライダー」と「13. 世界へ発信!ニュースで英語術」は、海外では聴取することができません。

しかし、敢えてこの二つの講座を選択せずても、残りの講座だけで十分に英語を学ぶことができますので、大丈夫です。安心してください!

 

* * * * *

 

今回はNHKラジオで展開されている13の英語講座をひとつひとつご紹介しました。

そうして各講座の概要について少し判ってきた後で、次のページでは、どのように講座を選択すればよいか、お伝えします。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
いさお
英語と日本語の通訳翻訳者。TOEIC960点、英検1級。2016年から日本とサウジアラビアを行き来し合計18ヶ国300人以上を通訳。英語使用歴はカナダ留学4年半、バングラデシュ駐在6年を含め22年。英語で苦労する海外在住者、駐在員、出張者を見るに付け、今すぐいちからでも英語をやり直せるコスパ最強の学習方法、NHKラジオ英語講座をお伝えしたい衝動が高まり、本サイトを作成!カープが勝った日に旨いビールを飲むと、悦び悶える45歳。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。